逆流性食道炎になったら生活習慣を見直したほうがいい

足の不快な病気

足

足に静脈瘤ができる事を、下肢静脈瘤と言います。緊急の治療を要する病気ではありませんが、下肢の不快感などの症状が出現します。病院で診断され必要なら、治療を行います。また、普段から軽い運動や適切な食事内容に気を付けるなど、自分でも進行を防ぐことができます。

胆管に発生するがんです

白衣の人

胆汁が流れている胆管の部分に発生するがんを胆管がんと言います。自覚症状には黄疸や腹部痛、食欲不振、体重減少、全身の倦怠感などがあります。病院ではMRIやCTによる精密検査を受けて、発見されることが多いです。

症状によって方法を選択

医薬品

糖尿病といっても、いろいろな種類にわかれ、症状も異なります。そのために治療方法も人によって変わります。基本は運動療法、食事療法など生活面の見直しになりますが、それができないときには薬を使いながら治します。

食べ物が逆流してきたら

ナース

病気の原因

逆流性食道炎は、食べた物や飲んだ物が逆流してくることにより食道が炎症を起こす病気です。症状としては、げっぷが増える、喉に違和感、胸の痛み、胃の不快感などがあります。また、初期症状に気づく方が少なくげっぷの増加や胸の痛みを感じて病院の受診で発見されることが多いです。その他にも、激しい胸の痛みが生じることも逆流性食道炎の特徴です。受診する医療機関は、内科でも診断することができますが、胃腸科などでも診断することができます。診断方法としては、胃カメラで確認することができます。検査には、準備がいりますので事前に予約、問い合わせをされると良いでしょう。胸の痛みが生じると動くことも辛いですが1日継続する痛みが生じますので早めに受診することをおすすめします。

治療と生活習慣の改善

逆流性食道炎と診断されたら薬の処方をされます。この病気は、薬で完治する病気なので安心して治療をしましょう。それから、薬の治療は、医師の指示に従い症状がなくなっても続けましょう。また、食事にも注意が必要です。ゆっくりと良く噛んで食べることが重要です。そのため、刺激の強い食べ物や飲み物は避けましょう。暴飲暴食、酒、タバコなども避けましょう。食後は、体を横にしないでしばらくは起きていましょう。食事、運動、睡眠などの生活習慣も見直してストレスのないように気をつけることが良いです。なぜかというと、ストレスが原因で逆流性食道炎になることもあります。定期的に胃腸の検査をすると早期発見ができます。しかし、逆流性食道炎は繰り返しなる病気ですので生活習慣の改善は効果があります。