逆流性食道炎になったら生活習慣を見直したほうがいい

足の不快な病気

足

静脈瘤は血管がコブの様になることですが、足の静脈瘤ができることを下肢静脈瘤と言います。この病気自体は命に関わることはなく、分かってすぐに治療をしなければいけないという危険性はありません。しかし、症状として足のむくみや不快感や潰瘍などがあり、また女性に多いということから見た目の悪さを気にして治療を希望する人が多いです。下肢静脈瘤は、治療する必要がないものから治療の対象になるものまでがあります。自分での判断は難しく、病院で医者に診断をしてもらうことができます。一般的には、外科や皮膚科などで診断されますが、専門にしているのは血管外科になります。近くに血管外科がない場合は、下肢静脈瘤の治療を行なっている病院を調べて受診することができます。

下肢静脈瘤は日常生活の上で予防したり、現在の症状の悪化を防いだりすることが可能です。同じような姿勢の立ち仕事などが原因になるので、適度に体を動かすことが大切です。また足全体の筋肉をつけて筋力を向上させることが予防に繋がります。その時気をつけることは、適度に行うことです。マラソンなど長時間走ることや、激しい運動は逆効果になるので無理のない範囲で軽いメニューを取り入れます。また衣類は足の血行を防ぐような締め付けるタイプは控えます。そして食事内容も脂肪分や塩分が多いものは避け、バランスを考えると良いです。下肢静脈瘤は日常でこのような事に気を付け、症状が進んだり気になる時には病院でしっかり診察してもらう事が大切になります。