逆流性食道炎になったら生活習慣を見直したほうがいい

胆管に発生するがんです

白衣の人

初期段階に黄疸が見られる

胆管がんは、胆汁が流れている胆管の部分に発生するがんのことです。初期段階では自覚症状が少ないですが、胆汁の流れが悪くなるため、比較的早い段階に黄疸が見られることが多く、病院でMRIやCTによる精密検査を受けることで、発見されることもあります。主な症状は全身の倦怠感を感じたり、腹部痛が見られたり、食欲不振や体重減少、便秘や下痢を繰り返す人もおられます。比較的早期で発見された場合は、手術による根治治療を行っています。手術を受けた後は、抗がん剤による治療を行ったり、放射線療法などを行います。比較的若い年代の人は、肺や骨、肝臓などに転移がしやすいため、胆管がんは早期発見、早期治療を行うことが重要になってきます。

進行が早い傾向があります

胆管がんは抗がん剤が効きにくい傾向があり、悪性度が強い場合は進行が早い傾向があります。超早期で発見するためには、一年に一度は人間ドックを受診したり、定期的に検診を受ける必要があります。気になる自覚症状がある場合は、放置をせずに早めに病院で診察を受けたり、精密検査を受けることが大切です。骨や肝臓、肺などに転移をしている場合は、放射線や抗がん剤による治療が中心になります。胆管がんを予防するためには、喫煙や飲酒などの悪い習慣は控えるようにして、栄養バランスの良い食事を心掛けたり、規則正しい生活を送ることが大切です。早い段階に発見できれば、体に負担が少ない治療が受けられますし、外来による治療も可能になっています。